早朝の東尋坊観光 ほとんど人がいなかった

早朝に敦賀に到着。実家の両親との待ち合わせには時間があったので、少し北上して東尋坊に向かうことにしました。

なお、新潟から敦賀までは新日本海フェリーを利用しました。特に連続はしていませんが、よろしければ合わせてご覧ください。

打ちつける日本海の荒波による浸食によって形成された切り立った断崖絶壁、奇景・東尋坊。一度見てみたかった景色です。

敦賀港から海沿いの一般道(国道305号線)で…と考えていましたが、先日の豪雨災害で通行止めになっている箇所があるということで、予定していたルートは選べませんでした。途中のコンビニで朝食を取りつつナビに導かれるまま、1時間半ほど車を走らせて、朝の7時半くらいに目的地に到着しました。

帰りは琵琶湖まで行かなくてはならないので2時間ほど必要。合わせて考えれば最大でも2時間程度しか滞在時間が取れませんが、景色を見るだけでは娘が退屈してしまうでしょうから、ちょうどいいくらいかもしれません。

駐車場から見えた案内に従って進んでいくと、商店街が見えてきました。岩場に行くにはここを抜けていくのがいいようです。

早朝、人気のない商店街01

しかし、ほとんどのお店がまだ開いていません。鮮魚店さんだけは開店の準備をしていましたが、他のお店は開く気配もありません。まあ、朝の8時前からくる観光客も珍しいでしょうから、当然といえば当然です。

早朝、人気のない商店街02
早朝、人気のない商店街03

左手側に何か巨大なものが。見上げてみると、

東尋坊タワーというそうです。これももちろん営業していません(営業時間:09:00~17:00)ので下から見上げるだけです。

早朝、人気のない商店街04

先の方に小さく見える鮮魚店さんは開店の準備をしています。蛤とかに「すぐ焼きますよ!」みたいなPOPがついてたけど、本当に焼いてくれるのでしょうか。あ、いや、やっぱ朝の8時から浜焼きはいらないかな…。さらに歩いて行くと、視界が開けます。

早朝、人気のない商店街02

階段を降りると広場に到着します。

東尋坊の広場

この先が有名な東尋坊、奇景の崖、要するにコレです。

絶壁と白いワンピースの少女


クリックで拡大します

火曜サスペンス劇場ごっこ。ラストシーンっぽい。でも、なんかあまりハッピーエンドっぽくない絵。

刑事「キミのお父さんを殺した犯人が捕まったよ」的な? そんなどうでもいい妄想。

断崖
クリックで拡大します
断崖02
クリックで拡大します

足元の悪い岩場を娘の手を引いて歩いてみましたが、あまり先端の方には行きたがりません。中程で奇妙な形の岩壁を撮影していると、娘が帰りたいと言い出しました。

「つまんない?」

聞くと、頷きます。

「つまんない」

まことに正直なことです。仕方が無いので引き上げます。帰り道、もう8時を過ぎていましたが、ほとんどのお店はまだ開いていませんでした。食べたかったなあ、おろしもち。

おろしもち食べたい

娘の要望もあって、東尋坊からは予想以上に早々に引き上げることになりました。本当なら観光船に乗って、海側からの東尋坊も見てみたかったのですが。

次の目的地はわたしの両親と合流しての琵琶湖バレイです。

コメント