ノンアルコールビールいろいろ

ワカコ酒で「ノンアルコールビールの味が良くなってる」と言っていたので、数年ぶりに試してみることにした。

ノンアルコールビールといっても、「アルコールがまったく含まれていないもの」と「アルコールがほとんど含まれていないもの」の2種類がある。アイキャッチにお出ししている画像は後者の例。

何種類か飲んでみたので簡単にレビュー。

気に入らなかったものを、間違えてまた買ってしまわないようにという備忘録も兼ねて。

WILD WEST

アイキャッチにお出ししているビール。

WILD WESTといって、お酒の量販店「やまや」が輸入しているアメリカ産のローアルコールビールです。原材料は大麦麦芽、コーンスターチ、ホップなど。

アルコール分は0.7%。味わいは軽い。悪く言うと「薄い」だけれど、飲んだ感じは悪い感じではない。

ずっしりとしたボディの(↑)このへんとは違って「何と合わせようか…ていうか、別に何もなくたってこれだけでいいよね」というような満足感が得られるものではないが、逆に言うと、少々ホップの風味がある炭酸水くらいの感覚で飲める。ローアルコールビールを買うときに、十分選択肢に含めていい。ただし、もちろんノンアルコールではないので、車の運転は厳禁。

キリン 零ICHI

キリンの一番搾りは結構好きなので、期待をもって購入。飲んでみて…うん、もう買わないかな、と。後味のイヤな感触はきっと人工甘味料だろう…と思って成分を見てみると、意外なことに人工甘味料は含まれていない。あれー?

そういえば、本麒麟を飲んだ後にもたまに嫌な後味を感じることがある。それを強くしたような感じ。正体はよく分からないけれど、ちょっともうご勘弁かな、と。

ブローリー プレミアムラガー

こちらもノンアルコールではなく、ローアルコールビール。アルコール分は0.9%。

こちらもやはり味わいは軽やか。やはりアルコール分がないとこういう味わいになるのでしょうか。しかし、ホップをうまく使っているためか、ビールっぽい雰囲気はでている。お茶か水のかわりにグイグイいける。

麦のくつろぎ

ノンアルコールビール特有の嫌な後味がないわけではないが、無視できるレベル。味わい軽く、ホワイトビール風。オレンジピールの風味があればまんまホワイトビール。

ぜひともリピートしたいというわけではないけれど、時々気分転換で買ってもいいかもしれない、という印象。

オールフリー

個人的な意見ですが。ちょっともうご勘弁。

零ICHIほど嫌な後味があるわけではないが、ノンアルコールビールを買うにしても他にもっと選択肢があるのでリピートはもうない。

ヴェリタスブロイ

今回の本命。ドイツ製。ノンアルコールビールというか、脱アルコールビール。普通にビールを醸造した後でアルコールを抜いてある。アルコールがないためか、やはり薄い感じは否めないが、十分ビールの味わいがあるし、香りもいい。アルコール0.0%なので、車の運転も大丈夫(多分)。

ドイツには「ビール純粋令」というものがあって、麦芽とホップ、水、酵母以外のものを原料として使うとビールを名乗れないのだが、ヴェリタスブロイはそのビール純粋令にも適う製法で作られている。

「ビールが飲みたい、特に黒いのが飲みたい」という時には不足だが、食事の時に飲むなら十分すぎる品質。休みの日は、起きたらまずビール缶のプルタブを上げるという知り合いがいるが、これで代用可能かどうか尋ねてみたい。

まとめ

ヴェリタスブロイ > WILD WEST > ブローリープレミアムラガー > 麦のくつろぎ > オールフリー > 零ICHI

以上、個人的感想

ということで、大量お買い上げ。24本×4セット。

大量在庫

コメント