書籍裁断サービス業者を利用

取り込みたい本が溜まってきたので、いつもお世話になっているカットブックプロさんに裁断をお願いしました。他の業者さんと比べてどうなのかは分かりません。初めてお世話になった裁断業者さんがこちらで、そのお仕事に不満をもったことはありませんし、価格面でもいくつか調べた中では最安クラスなので、あえて業者さんを変える理由がありません。

カットブックプロさんでは、裁断する冊数があらかじめ分かっていればお得なパック料金が選べるようになっており、冊数が多くなればなるほど一冊の単価が下がっていきます。例えば、コミックや文庫、ハードカバーなど、すべての種別の本がミックスされているなら70冊で5000円です。ただし、送る本が文庫・新書・コミックのみであれば70冊で4000円になるので、なるべく送る本の種別はまとめてしまった方がいいでしょう。さらに、送る本が100冊を超えるとあらゆる種類の本が1冊あたり50円になります。ちなみに、送る時の送料は利用者持ちですが、帰ってくる時の送料はパック料金に含まれています。つまり、利用者が負担するのはパック料金と行きの送料のみ。

これまではなるべく100冊を超えてから送るようにしていて、今回もそうしようと思って荷造りをしていたのですが…全ページがカラー刷りのビジネス誌や、藤子・F・不二雄大全集版のドラえもんは大変な重量でした。

ドラえもんは重厚長大

100冊箱に詰め込んで持ち上げようとしましたが、なんと重すぎて持ち上がらず。なんとか体重計に乗せてみたところ30キロ台の後半でした。佐川急便の配達人であればこれでも軽く持ち上げるのでしょうが、残念ながらわたしが玄関先まで持っていけません。仕方がないのでドラえもんなど重量級のコミックを中心に抜いて冊数調整して、今回は60冊のみで送りました。

納品書

以前の流れですと、

  1. 注文する
  2. 本を送る
  3. 到着する、ただちに裁断する
  4. 入金する
  5. 返送されてくる

という流れでしたが、今回は

  1. 注文する
  2. 本を送る
  3. 到着する
  4. 請求がくる
  5. 入金する
  6. 裁断、返送されてくる

という流れでした。本の数え間違いがあったら金額の訂正が必要になるので、前回までは作業をしてもらって金額が確定してから入金をしていたのですが、今回は入金するまで裁断作業がされなかったようです。何かトラブルでもあったのでしょうか? ということで、前回までは発送してから概ね中2日か3日で返送されてきていたのが、今回は中5日になりました。もちろん、単にわたしが先方の作業を止めていたというだけのことなのですが。

到着した荷物を開けてみると、梱包材はわたしが発送した時のものが使われていますが、わたしが詰めたのとは違う詰め方で裁断された本が収められています。

本が詰まってる

参考までに、こちらが大変な重量であったため予定を変更することになったダイヤモンドハーバードビジネスレビュー。全ページがカラー刷り、一枚一枚が分厚く密度の高いしっかりした紙質で、まとまると非常に重いです。

HBRは重い

雑誌などの表紙カバーがない本を裁断に出すと背表紙も切られた状態で戻ってきます。他に切りようがないので当然です。

背表紙がない

カバーがある本なら、もちろんカバーは着たまま帰ってきます。例えば綴じ込みの資料などがあればそれもできるだけ元の形で残したまま裁断するようにしてくれます。

カストラートの世界

ハードカバーの本もしっかりカットされていて断面がきれいです。

断面きれい

ただし、裁断をしてしまう以上、見開きページにはどうしても欠損がでてしまいます。

見開きには欠損

ハーバードビジネスレビューの1ページですが、よく見てみると、腕のところのラインがつながっていません。裁断で欠損してしまっています。しかし、こういった背表紙部分が平坦な雑誌などなら欠損は本全体で均一になりますし、業者さんとしてもなるべく欠損が少なく済むように努力してくれますが、ハードカバーの本などではさらに欠損が大きくなる可能性があります。

カット部位

ハードカバーの本は背表紙部部に丸みがありますので、点線の位置でカットすると本の中程は特に欠損が大きくなります。本を裁断に出すときは、こうした欠損があることは考えておかなければなりません。ページの欠損が嫌ならアイロンをあててページを外して…という処理が必要になりますが、そこまでの手間はかけられません。100冊送れば、1箱の送料を2000円として70円ですから。自分で裁断機を用意したとしても、定期的に歯を交換しないといけませんし、そもそもメンテナンスフリーの裁断機が手元にあったとしても、一冊あたり70円を節約するために自分で作業をする気にはちょっとなれません。

裁断サービス業者をお捜しの方がいて、業者さん選びの参考にでもなれば幸いです。

11月25日追記

大型の愛蔵版も裁断してくれます。幅150×高さ210×厚さ50mmの藤子・F・不二雄大全集版のドラえもんでも一冊は一冊。単価50円で裁断していただけました。

大型本も裁断

若干申し訳ないような気もしますがありがたい限りです。

コメント